ABOUT US

 新鮮な野菜を食べておいしさに感心したり、花の美しさに魅了されたり、誰でもそのような経験はあると思います。でも、野菜も花も元々は野生植物。多くの場合、かつては今ほど美味しくなく、また、人目を惹く魅力的な姿かたちではありませんでした。

 現在では、長年にわたる育種と栽培技術の発展によって、美味しい野菜、魅力的な花をかなり安定して生産できるようになりました。しかし、育種や栽培の技術はトライアンドエラーで開発されてきた歴史が長いため、「なぜ」美味しい野菜や魅力的な花になったのか、「なぜ」生産が安定したのか、分からないことがたくさん残されています。

 私どもは、このような「なぜ」を、分子機構から圃場や温室での栽培まで、様々な角度からのアプローチで解き明かし、より高度な生産技術の開発を目指しています。

 研究室は精華キャンパスにあり、キツネやタヌキが出没するのどかな環境ですが、近鉄新祝園駅、JR祝園駅から送迎ワゴン車が運行されており、通学に支障はありません。

 研究テーマに興味のある方は、見学を随時受け付けています。また、大学院生(社会人を含む)を募集していますので、気軽にご連絡ください。

NEWS & TOPICS

     
  • 2021/04/29 研究室ウェブサイトを一新しました。
  • 2021/04/01 研究室に新4回生6名が入室しました。
  • 2021/03/23 博士前期課程2回生、学部4回生が学位を授与されました。これからの社会での活躍を期待しています。
  • 2021/02/16 博士前期課程2回生が、修論発表会で研究成果を発表しました。発表、質疑応答ともに「さすが院生」というレベルでした。
  • 2021/02/12 4回生が、卒論発表会で研究成果を発表しました。皆さん1年間でたくましく成長し、発表、質疑応答ともに立派でした。
  • 2020/07/15 トレニアの花の模様が形成される仕組みを明らかにした論文が The Horticulture Journal に掲載されました。論文はこちら
  • 2020/04/01 研究室に、新4回生6名が入室しました。
  • 2020/04/01 ゴマの生理障害に及ぼす光と温度の影響を明らかにした論文が Environmental Control in Biology に掲載されました。論文はこちら
  • 2020/04/01 定年退職した寺林敏教授の後任として、西島隆明教授が着任しました。経歴は こちら