I. バラ科果樹の種間障壁に関する研究

異種間交雑親和性の解明

植物には異種との交雑を避けて種の同一性を維持する保守的な生殖機構が存在しています.このため,異種間の交雑は通常成立しません.しかし稀にこの障壁が打破された場合,新しい特性を持った新種が誕生します.本研究課題では,経済的に重要な果樹作物を多く含むバラ科を研究対象として,異種間交雑親和性を網羅的に調査しています.本研究室のある精華農場は数多くの果樹を保有しており,豊富な遺伝資源を活用して研究を進めることができます.

  

種間障壁のメカニズム解明

本研究室で行った異種間交雑試験により,バラ科果樹は近縁種間においても非常に多様な種間障壁パターンを示すことが明らかとなりました.バラ科果樹は交雑障壁機構の全貌解明とその打破方法の開発に向けた重要なモデルと捉えることができます.本研究課題では多様な植物材料や解析手法を駆使して,種間障壁のメカニズムを解明し,それを打破して雑種果樹を効率的に作出する技術開発を行うことを目指しています.

雑種果樹の育成とその利用

新品種作出のために一般的に用いられている同一種内の交雑では,得られる後代で生じる表現型の多様性がしばしば限界を迎えます.この問題を解決するための有効な手法が「異種間交雑」であり、種の遺伝的多様性を飛躍的に向上させて,種特異的な農業生産上の課題を解決することができます.さらに,各種の持つ有用形質を融合させた全く新しい作物は新たな産業の創出にも繋がる可能性を秘めています.本研究課題では,異種間交雑技術によるハイブリッド果樹の作出とその園芸的利用の可能性を検討しています.

育成中の雑種実生

II. 京都府の特産果樹に関する研究

ウメ品種「城州白」の形質評価とブランド化

「城州白」(じょうしゅうはく)は京都府城陽市でのみ栽培される貴重なウメ品種です.他の品種と比較して果実サイズが大きく,香りが非常に良いことが特徴です.本研究室では,栽培農家や自治体と連携して城州白の優れた特性を評価しており,知名度の向上やブランド化に繋がるような情報や技術の蓄積を進めています.

城州白の結実の様子
  

III. 京都府立大学オリジナル品種の育成

現在試験を進行中