論文

2023 年

"Reexamination of the short-range baryon-baryon potentials in the constituent quark model",
T. Sekihara and T. Hashiguchi,
Phys. Rev. C 108 (2023) 065202 [ arXiv: 2304.13877 [nucl-th] ].

2021 年

"Two-body wave functions and compositeness from scattering amplitudes. II. Application to the physical N and Δ resonances",
T. Sekihara,
Phys. Rev. C 104 (2021) 035202 [ arXiv:2104.01962 [nucl-th] ].

2020 年

"Feasibility study of the K+ d → K0 p p reaction for the Θ+ pentaquark",
T. Sekihara, H.-Ch. Kim and A. Hosaka,
Prog. Theor. Exp. Phys. 2020 (2020), 063D03 [ arXiv:1910.09252 [hep-ph] ].

国際会議・研究会 発表

2023 年

"Reexamination of the Short-Range Baryon-Baryon Potentials in the Constituent Quark Model",
T. Sekihara and T. Hashiguchi,
Nagoya Workshop on Exotic Hadrons 2023
[名古屋大学, 2023 年 11 月 14 - 17 日].

"Reaction calculation of the Kbar N N production at J-PARC",
T. Sekihara,
RCNP workshop on Hadron Physics at the LEPS2 photon beamline
[ハイブリッド・SPring-8, Japan, 2023 年 3 月 6 - 7 日].

2022 年

"Reaction calculation of the Kbar N N production at J-PARC",
T. Sekihara,
Hadron physics with kaon beam and related topics
[オンライン, 2022 年 10 月 3 - 4 日].

"A theoretical support for the discovery of the Kbar N N nucleus at J-PARC and its perspective/implication in heavy ion collision",
T. Sekihara,
Exotics and Exotic Phenomena in Heavy Ion Collisions
[ハイブリッド・Asia Pacific Center for Theoretical Physics, Korea, 2022 年 9 月 29 - 10 月 1 日].

2021 年

"Internal structure of the Roper resonance in terms of the πN coupled channels",
T. Sekihara,
Hadron in Nucleus 2020 (HIN20)
[ハイブリッド・Yukawa Institute for Theoretical Physics, Kyoto University, 2021 年 3 月 8 - 10 日].

日本物理学会 発表

2022 年

"二核子吸収効果を陽に取り入れた Kbar N N 系の Faddeev 計算",
関原 隆泰, E. Oset, A. Ramos,
日本物理学会 2022 年年次大会
[オンライン, 2022 年 3 月 15 - 19 日].

2021 年

"πN 結合チャンネルで見る Roper 共鳴の内部構造",
関原 隆泰,
日本物理学会 2021 年秋季大会
[オンライン, 2021 年 9 月 14 - 17 日].

国内研究会 発表

2022 年

"クォーク共鳴群法によるバリオン間短距離ポテンシャルの計算",
橋口 大志, 関原 隆泰,
東北大学 電子光理学研究センター (ELPH) 研究会 C033「ハドロン分光に迫る反応と構造の物理」
[ハイブリッド, 2022 年 12 月 6 - 7 日].

"Kbar N N 原子核の生成と崩壊の反応計算",
関原 隆泰,
原子核反応研究の最近の話題と展望
[大阪大学核物理研究センター, 2022 年 7 月 8 - 9 日].

2020 年

"J-PARC E15 実験データから探る Kbar N N 原子核の共鳴極",
関原 隆泰, E. Oset, A. Ramos
東北大学 電子光理学研究センター (ELPH) 研究会 C029「様々なフレーバー領域で探るクォーク・ハドロン多体系の分光と構造」
[2020 年 11 月 4 - 5 日].

2019 年

"Compositeness: Two-hadron components of excited hadrons",
関原 隆泰,
東北大学 電子光理学研究センター (ELPH) 研究会 C024「ハドロン構造における多粒子相関」
[2019 年 10 月 16 - 17 日].


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2024-01-09 (火) 22:50:54 (50d)